ヤミ金業者の見分け方

通常「闇金融」と言い、一般的には「ヤミ金」「ヤミ金融」「闇金」とも言われます。

ヤミ金業者とは国(財務局)や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者のことを指します。また、貸金業の登録をしているものの違法な高金利を取る業者を含めることもあります。

「ブラックOK」や「即入金可」などのチラシなどで顧客を勧誘し、法律を越えるどころか法外な利息を取って貸付を行います。そして容赦ない取り立ててを行うのです。

また、最近ではチラシで集客しておいてヤミ金へ斡旋を行う業者が多発しています。
ヤミ金にひっかからないよう、優良金融業との見分け方をしっかりと身に着けてください。

なお、以下のURLで金融庁がヤミ金業者の一覧をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。
http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/ihou.pdf

ヤミ金はどのような業者?

実際にヤミ金とはどのような業者なのでしょうか。

ヤミ金では貸付に対する金利がまったく決められていません。法律(出資法)では年利29.2%と決まっているのに対して、ヤミ金ではトイチやトイサンなどといわれる金利で貸付が行われています。

トイチ
10日で1割の金利、10万円借りると10日で1万円の金利(30日で3万円)

トイサン
10日で3割の金利、10万円借りると10日で3万円の金利(30日で9万円)

アケイチ
1日で1割の金利、10万円借りると10日で10万円の金利(30日で30万円)

また、その取立て方法も社会問題となっています。自宅、職場、親戚、近所、学校などへ押しかけ、嫌がらせやひどいときには脅迫まで行います。

ヤミ金にひっかからないポイント

「無審査」「無条件」「どなたでもOK」などのキャッチコピー

ヤミ金は借りての審査を行わず貸付を行うため、お金を簡単に借りたい人が引き付けられるような言葉で集客を行います。

電柱や電話ボックスに貼ってある張り紙やポストに入っているチラシによく目にするキャッチコピーです。

貼り紙は無視し、ポストに届いたチラシなどもすぐに捨てるようにしましょう。

貸金業の登録番号が(1)の業者

貸金業を行うには都道府県または財務局の登録認可が必要であると法律で定められています。登録された業者は登録番号があたえられます。

「○○○(1)第000xxxx号」

この(1)の番号は業者の登録年数を表します。3年に1回更新されますので、この番号が小さい業者は安心できる貸金業者とは言えません。ヤミ金業者はすぐ閉鎖し、違う名前で登録しなおすことが多いからです。
※なお、(8)が最高となっています。

貸金業の登録番号が無い業者

貸金業者が登録番号の提示を義務付けられています。チラシやホームページでも記載が必要です。登録番号の提示が無い業者は真っ先に疑ってください。

また、連絡先が携帯電話の番号の業者も近づかないようにしてください。