個人信用情報

個人信用情報とは

個人信用情報とはクレジットやキャッシングローンの契約や申込みに関する個人の経済的信用度の情報のことで昨今話題の個人情報とは若干異なります。

クレジットやキャッシングローンの契約内容や支払い状況、残高などの取引の情報を過去分から現在まで客観的事実の情報として蓄積しています。

これらの情報は、あなたが消費者金融会社やクレジットカード会社で新規に申込みをした場合に登録され、その後あなたの借入金の返済能力や公私代金の支払い能力判断する際の参考情報として利用されます。

信用情報機関は消費者金融会社やクレジット会社の照会に回答するのみで、評価や与信の判断はしていません。融資の可・不可の判断(審査)は各金融会社やクレジット会社にて行われます。

個人信用情報の登録情報

個人信用情報に登録されている内容は一般的に下記のようになっています。

・個人を特定する情報
氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先・勤務先電話番号など

・個人の取引に関する情報
借入日・借入金額・入金日・残高金額・入金予定日・完済日など

・個人の取引から発生する以下の情報
返済の延滞情報・延滞状況の解消情報・債権回収情報・債務整理情報・本人以外の返済情報

・消費者保護ならびに与信を補足するための情報
個人が情報センターに紹介した日付情報・連帯保証人の情報・債権を譲渡した情報

また、官報に公告された公的記録情報・電話帳掲載情報・本人申告した情報など信用情報機関の独自収集情報もあります。

個人信用情報の登録期間

登録期間に関しては各信用情報機関によって若干異なりますが、主に以下の期間となっています。

・申込み時の申告情報・・・契約期間中または契約終了より5年間
・債権回収、債務整理などの事故・・・発生日から5年間
・破産に関する情報・・・宣告日から7年~10年間