返済

債権者(お金を貸す側)は、債務者(お金を借りる側)から元本(元金)、及び利息を受け取る(回収する)権利があり、債務者は、融資金額の元本と、融資金額にかかる利息を支払う(返済する)義務があります。

消費者金融のキャッシングでお金を返済する方法は一括返済分割返済(リボルビング返済)の方法があります。

一括返済

その名と通り、元金の返済を借入期間の満期日に一括して支払う方式です。借りた期間によって金利(利息)が発生しますので、以下の計算方法になります。

 元金(残高) + 利息 = 一括返済金額

また、利息の計算は

 利息 = 借りた金額 × 年利(%/年) ÷ 365(日) × 借りた日数

という計算になります。
例えば年利29.2%で10万円を30日後に一括返済する場合の利息は、

 2,400円 = 100,000円 × 29.2% ÷ 365 × 30

のような計算となります。

また、銀行振り込みなどで返済する場合は振り込み手数料なども必要となります。

分割返済(リボルビング返済)

毎月の返済金額を一定額に設定して支払いを行う返済方式です この分割返済の方式は多様で細分化された返済方法であり、とても複雑です。自分がどのような返済を行うのかしっかり確認しておく必要があります。

キャッシングには残高スライド方式が多く採用されています。その他の方式も含めしっかり把握しておいてください。

残高スライド方式

1回の返済額が毎回同額の返済方式ではあるが、元金の残高によって1回の返済額が変動(スライド)する 方式です。

これは、リボルビング契約など、追加貸付が頻繁に行われ元本残高が変動する場合において、元利定額返済方式では1回の返済額の計算が煩雑になるため、元金残高の範囲によって1回の返済額をあらかじめ決めておく方式です。

元利定額返済方式

各返済日において、1回の返済額が毎回同額の返済方式です。

この返済方式は、各返済日における返済金額が一定ですので、債務者が認識する返済金額が判りやすいという利点がありますが、ローンの返済期間の初めのうちは返金済額の内訳の殆どが利息の支払に充当されるため、ローン残高が減りにくいという欠点があります。

また、債務者にとって元金と利息をいくら返済しているのか把握しづらく、元金残高がいくらであるのかもわかりづらいという欠点があります。

元金定額返済方式

各返済日において、1回の元金の返済額が毎回同額の返済方式です。

この返済方式は、各返済日における元金の支払いが一定ですので、債務者にとってローンの残高、毎回の利息の支払額を認識しやすく、最終返済がいつであるのかが判りやすいという利点があります。

しかしながら、利息の支払いについては元本残高にかかるので一定ではなく、借入直後の返済において利息の負担が余りにも大きくなります。よって借り入れ直後は現預金の手許残高に注意する必要があります。