ブラックリスト

ブラックリストとは

「ブラックリストに載ってるからもう貸してくれる所が無いわ」、「ブラックOKの金融あるかな?」インターネット上ではたまに見るコメントですね。 ブラックリストとは返済の延滞や破産など、いわゆる「事故」があった人のリストのことで、そのリストに載ると大手消費者金融からはまず借入れることが不可能、と言われています。

しかし、そのブラックリストというのは本当にあるのでしょうか・・・?

ブラックリストの正体は個人信用情報そのもの

実はブラックリストは個人信用情報なんです。いいえ、正確にはブラックリストというものは存在しません。

個人信用情報機関では信用情報をデータベースで一括で管理しており、すべてコンピュータを用いて登録し各金融業者に対して提供しています。そのデータには各登録者の延滞情報なども客観的事実として一定期間登録されています。(何者かの感情がこめられた情報ではなく、「何日間延滞した」という事実のみが登録されているの意)

ただし、各消費者金融業者やクレジットカード会社は個人信用情報機関 に登録されている情報を元に融資可否を判断します。

そこに事故歴や延滞歴など、融資がたいてい不可となるよう情報が個人信用機関に登録されている状態の事をブラックリストと呼ぶことがあります。

 ※「延滞者リスト」のようないわゆるブラックリストというものは存在しない

ブラックOK

個人信用情報機関に登録されている情報が融資不可の状態、どこ消費者金融会社にも断られてしまう状態の人であっても融資をしますよ。という意味。「審査が甘い」も近い意味で用いられます。 お金を借りたくてしかたがないが、どこの業者にも断られた人ほど、どうしてもお金を借りたいという心理を付いたキャッチコピーです。

返済が遅れたり、返済ができない人へお金を貸すとてもやさしい業者、というふうに捕らえないでくださいね。 どちらかというと闇金業者(ヤミ金)が高額利息で貸付を行うパターンが多いです。